前へ
次へ

化粧品の分類について

美しくなりたいと考えている女性が多くなっています。
その中でさまざまな化粧品の開発が行われ販売されるようになっています。
戸れっらの美しくなるための商品はいくつかの分類されています。
薬事法によって化粧品や医薬品や医薬部外品という種類に分類されています。
このなかで化粧品とは美しくするためのものとなっています。
また医薬品に関しては病気の改善や治療を目的としているものとなっています。
したがってこの医薬品を手に入れるためには医師の処方が必要になります。
医薬部外品は病気の治療ではなく予防を目的とするためのものとなっています。
したがって医薬品のように即効性はなく作用は緩やかとなっています。
また医師の処方の必要がなく手に入れることができます。

化粧品の分類とその効果

化粧品には、「薬品」や「医薬部外品」と表記されたものがあります。
私たちが使うものには薬事法が適応されていて「化粧品」と「医薬部外品」と「医薬品」のグループに大きく分類されています。
医薬品は効果・効能のあることが認められて、医者の処方が必要です。
医薬部外品は医者の処方は必要はなく、効果や効能が確認されているものです。
化粧品とは石鹸やシャンプー、メイク用品に分類されています。
メーカー判断で開発できるようになっています。
お肌のシミ予防をして美肌を保つとされているヒアルロン酸など有効成分が含まれているものを薬用化粧品と呼びます。
医薬品ほどの高い効果を得ることはできませんが、症状の予防と緩和の効果が期待できます。

Page Top