前へ
次へ

化粧ブラシの使い方について

化粧をする際のアイテムとして、ブラシは必須です。
頬にチークを塗る時、鼻筋にハイライトを入れる時、フェイスラインにローライトを入れる時などに大活躍します。
チークを購入した際には付属のブラシがついていることがあります。
ですが、それは大抵の場合小さいものです。
小さいブラシでチークを塗ると、色をぼかしづらくなります。
真っ赤な頬になってしまったり、まだらになってしまいます。
自然な明るい頬を作るためにも、少し大きめのものを別途購入する必要があります。
ハイライトやローライトも同様に、付属品の使用は避けます。
上手に化粧を行う方法は、化粧品を薄くとって、塗りたいところを中心にブラシを大きく動かします。
色が足りなければ、また少しとってという方法を繰り返します。

化粧品のブラシについて

化粧品をより美しく見せるために演出してくれる道具の一つにブラシがあります。
ブラシは、様々な用途のものがあり、使うものによって、大きさや毛の長さが異なります。
パウダーファンデーションに使うものもあります。
比較的大きく、顔全体をブラッシングします。
チークに使うものもあります。
頬全体に塗ります。
比較的大きいものです。
アイシャドウに使うものもあります。
瞼に使うものなので比較的小さいものになります。
ハイライトに使うものもあります。
顔全体のメイクの仕上げに使います。
日本では、熊野筆が有名で顔を優しくブラッシングしてくれる、伸びがよいなど人気の商品となっています。
様々な化粧品メーカーやメイク用品メーカーが様々なブラシを販売しています。

Page Top